情報漏えいを守るためにはISO27001の取得が必要

メンズ

個人情報管理の資格とは

IT

Pマークは個人情報の管理・運用についての認証資格です。申請するには、監査に耐えうる組織体制、教育、運用ができている必要があります。専門のコンサルは、豊富な事例を元に資格取得を助けますが、組織作りに特にポイントを置きます。組織全体で個人情報を適切に管理することは、組織や顧客の利益や安心に繋がります。

もっと詳しく

情報セキュリティの確保

キーボード

セキュリティ対策の重要性

企業における情報は資産そのものと言っても過言ではありません。本来は厳密に取り扱われるべきものであるにも関わらず、情報の取り扱いがいい加減であるために、情報漏えい等のトラブルに巻き込まれて損害を出してしまう企業は少なくありません。セキュリティの対策の方法としては、ISMSという規格において機密性・完全性・可用性が重要であることが示されています。しかし、実際にどのようなことに取り組んでいけば良いのかという点については、具体的には示されていません。それを明確に規格化したものが、ISO27001と呼ばれる国際規格です。ISO27001は日本語訳版も存在しており、それがJISQ27001と呼ばれています。

社会的信頼性の向上

ISO27001を取得することによって、企業の社会的信頼と価値を高めることができるようになります。特に情報セキュリティの重要性が日々増している状況においては、ISO27001の取得が取引の際の要件となっている海外企業も多く存在しています。また審査に向けて取り組んでいく過程において、様々な付随的メリットを享受することもできるでしょう。特に社内スタッフが情報セキュリティ対策に取り組むことで、スタッフの情報リテラシーの向上が図れるというのは大きなメリットです。また業務フローの見直しによって、ワークフロー自体が改善されることによって、情報リスクが減少すると同時に、業務効率が改善されるようにもなってくる利点もあります。

環境保全は不可欠です

メンズ

企業の環境破壊活動が問題視される現代において、地球環境に優しい企業であることをアピールするのは必然と言えます。ISO14001を取得することで、その企業が環境に優しいクリーンな経営活動をしていると認知されることでしょう。

もっと詳しく

文書管理の問題点

PC

文書管理ソフトは、全ての社内文書をデータ化して管理できるシステムとなっています。紙媒体の文書管理とは違い、文書の更新や改版、社内周知が短時間でできるようになりました。文書管理ソフトを使うことによって、社内工数が大幅に削減できます。

もっと詳しく