個人情報管理の資格とは|情報漏えいを守るためにはISO27001の取得が必要

情報漏えいを守るためにはISO27001の取得が必要

PC

個人情報管理の資格とは

IT

個人情報の管理体制は必須

Pマークはプライバシーマークの略で、個人情報の管理体制が整備されていることを示します。昨今、多くの個人情報を適切に管理し、業務の中で活用することは、現代のビジネスにおいては必須項目です。Pマークを取得するためには、監査を受ける必要がありますが、それに耐えうる制度作りをすると共に、組織内外にしっかり周知し、それが正しく運用されている必要があります。そのための制度作りは簡単なことではなく、それゆえに専門のコンサルが入って組織作りをすることも少なくありません。個人情報の定義や、その利用目的の制定、そして管理体制や廃棄処分のルールなど、決めることは非常に多く、そしてそれを組織のメンバーがわかって運用することが必要です。そのためには定期的な教育や監査も必要になり、運用実績があってこそPマークの取得もできるようになりますから、長期に渡って体制を作ることになります。コンサルは豊富な事例を元に制度の構築を助けてくれます。

ポイントは組織作り

コンサルは成功例だけでなく失敗例も多く知っています。良いコンサルほど、組織作りをしっかりするように指導しますが、それは組織作りが上手くいかないために失敗する例が多いからです。Pマークの取得だけを目的に、一部のコアメンバーだけが頑張って制度を作っても、すぐにボロが出て組織内で個人情報の流出や喪失といった事故が起こってしまいます。何かの拍子にそれが発覚すると、大きな賠償を強いられることもあり、当然取得したPマークも返上となります。そのため、ごまかしではない、しっかりした組織体制と教育・運用体制を作る必要があります。組織作りは、そのキモと言っても良いでしょう。連携と情報共有、各組織における意識の共有が大切です。全体で管理を徹底したり、教育を受けたりすることは面倒ですが、は巡りめぐって組織や顧客の利益や安心に繋がります。Pマークは個人が取得するものではなく、組織全体で取得する資格です。ですからメンバー全員が理解し協力してくれるよう、巻き込んでいく必要があります。